心の隙間(2002年TVアニメ「ヒートガイジェイ」ED)
作詞・作曲:拓磨/編曲:wyse
歌:wyse


温かくて 柔らかな
心地の良い君の声が
今頃になって裏目に出るだなんて

お互いを感情的に ただ ぶつけ合うばかりの日々
それですら 今では羨ましくも思える

きっと 二人はこれで良かったんだ
ガラにもないこの言葉が 余計に君を 思い出させてしまう

眠れずに朝の光を浴びた孤独は
愛情に縛られたままで
行く先を ただ がむしゃらに探りだす僕を
もう一度 支えてよ

分厚い霧に覆われて
不安定な足場に怯える
こんな僕を君は 笑ってくれもしないのかな

どんなに明るい曲を思い描いても
無意識のうちに 僕のすべては 君の事を奏でてしまう

流れるように 記憶の中を駆け回る僕は
逢いたいと叫んでは泣いて
こんなにもつらくなるなら いっそ
あの時 君に逢わなけりゃ

眠れずに朝の光を浴びた孤独は
愛情に縛られたままで
行く先を ただ がむしゃらに探りだす僕を
もう一度 あの声で支えてよ

こんなにもつらくなるなら いっそ
あの時 君に逢わなけりゃ
2009.02.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://myplayground.blog31.fc2blog.us/tb.php/604-edf35348